浄土真宗の教章

一、宗名
浄土真宗本願寺派(西本願寺)
一、宗祖
見真大師親鸞聖人(1173-1262)
一、本尊
阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)
一、経典
浄土三部経
仏説無量寿経(大経)
仏説観無量寿経(観経)
仏説阿弥陀経(小経)
一、教義
南無阿弥陀仏のみ教えを信じ、 必ず仏にならせていただく身の幸せを喜び、 常に報恩のおもいから、世のため人のために生きる。
一、宗風
宗門は同信の喜びに結ばれた人々の同朋教団であって
信者は常に言行をつつしみ、人道世法を守り、
力を合わせて広く世の中にまことのみ法を広める様に努める。
また、深く因果の道理をわきまえて、現世祈祷や
まじないを行わず、占いなどの迷信に頼らない。

浄土真宗の生活信條

一、
み佛の誓いを信じ 尊いみ名をとなえつつ
強く明るく生き抜きます
一、
み佛の光をあおぎ 常にわが身をかえりみて
感謝のうちに励みます
一、
み佛の教えにしたがい 正しい道を聞きわけて
まことのみのりをひろめます
一、
み佛の恵みを喜び 互いにうやまい助け合い
社会のためにつくします